倉吉、暮らしよし、菓子よし、倉吉舎 手作りのおいしさに舌つづみ心の通う郷土自慢の和菓子
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:177
«前のページ 1 ... | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
2006年10月02日
先日新しく駅前に移転したスポーツ用品店に行ってきました。
知人へのプレゼントを見に行ったのですが、入ってすぐの所に『スポーツヌードル』たるものが陳列してあり、それが気になったので買ってみることに…
“燃焼系”と“回復系”2種類があり、それぞれチキンテイストとクリームテイストで、大豆ペプチド4000mg練り込み麺なのだそうです。
さっそく“回復系”を食してみたところ、この麺にコシがあっておいしい!スープもクリーミーで、いつもはカップラーメンのスープは残す私がついつい全部飲んでしまいました。
“燃焼系”を試した母も「ほどよくピリ辛でおいしい」と評判は上々でした。
これはちょっとハマってしまいそう…スポーツの秋だし……
なんて、まったく運動はしてないのにこんなところで季節を感じてしまうのでした。
2006年09月27日
またまた体験学習にやってきた中学生の紹介をします。
最後は、野田龍二さん。
「仕事をしてみての感想は?」…『大変だけど、楽しい』
「将来の夢は?」…『パティシエ』
だそうです。
パティシエの仕事はと~ってもキツイですよ!
でも頑張ればいつか、自分の作ったデザートで誰かを幸せな気持ちにすることが出来る、素晴らしいお仕事だと思います。頑張ってくださ~い☆
ということで、これで中学生の体験学習レポートは終了です。
忙しい&しんどそうな中、ご協力いただきありがとうございました。
皆さん残り2日間もしっかりと働いてくださいね!
2006年09月26日
昨日に引き続き体験学習にやってきた中学生の紹介をします。
今日は、「ぶどうの皮むきの手つきがとってもいい!」と評判の梶田涼太さん。
「仕事をしてみての感想は?」…『むずかしい』
「将来の夢は?」…『今はまだ…』
ということでした。が、彼はなかなか手つきがいいようで、聞くところによると家でもいろいろとお手伝いしてるそうです。やっぱりね!
2006年09月25日
今日から1週間、久米中学校の生徒さんたち3名が“体験学習”として来店し、製造の仕事に就いてもらってます。
みんな慣れない手つきながらも真面目に働いてます。
せっかくなので一人ずつ紹介しちゃいます。
はじめに、初日洋菓子製造の仕事を体験された石亀大地さん。
「仕事をしてみての感想は?」…『思ったより難しい。製造の仕事は楽しいような楽しくないような…』
「将来の夢は?」…『まだ決めてない』
ちなみに「お父さん何歳?」との問いに、『33歳です』・・・ですよね~・・あらためて年の差を感じてしまった瞬間でした。
2006年09月21日
今日は“しそ餅(6個入¥420)”を紹介します。
うっすらと白い雪のような粉化粧で覆われた内側は、しその葉を混ぜ込んだ道明寺になっています。
北海小豆を氷温熟成させた当店自慢のこしあんが入った道明寺。
しその香りが合わさって上品なお菓子が出来上がりました。
大人の秋のティータイムにおひとつどうぞ…
2006年09月19日
今日は“ぶどう餅(1個130円)”を紹介します。
もぎたてのぶどう一粒を白餡で包み、やわらかなお餅で包み込みました。
ぶどうの香りがふわっと広がる、初秋の味をお楽しみいただけます。
秋の夜長のお月見のお供に、まんまるぶどう餅…いかがですか?
2006年09月16日
朝夕涼しくなり、秋の新作も続々登場してまいりました。
そこで店頭でしか買えない商品をこの場を借りて紹介していきたいと思います。
今日は「柿ようかん 1個¥130」を紹介します。
艶やかに輝くオレンジ色のようかんは、思わず形を崩してしまうのを躊躇ってしまうような美しさ…そっと一口食べてみると、おばあちゃんが作ってくれたつるし柿を思い出すような優しい味。お茶を飲みながらホッと一息、懐かしい秋の光景が目に浮かんでくるようなお菓子です。
2006年09月15日
我が家の庭の片隅にブルーベリーの木が植えてあるのですが、昨日今年最後の実を収穫しました。
このブルーベリーは、7年前「とっとり花回廊」がオープンした当時、兄弟3人で出かけた際に苗木を買って帰り、庭に植えたものです。
あれから7年、私の人生も大きく変わり、もう二度と兄弟3人で出かけることもできなくなってしまいましたが、この木を見るたびに当時を思い出します。
まだ小さな苗木だったブルーベリーも大きく成長し、たくさんの実を実らせ、夏の間は毎日子どもたちが青黒く熟したブルーベリーの実をもいで食べるのを楽しみにしていました。
甘酸っぱくて爽やかな味のブルーベリーは目にもいいらしく、当店のケーキやお菓子にもいろいろと使われています。
子どもたちも大好きなブルーベリー、もっとたくさん実が採れるように、今年は何本か苗木を買ってきて植えてみました。
この苗木たちが実をつける頃には、今年の夏のブルーベリーを巡るチビさんたちの熱き戦いを、懐かしく思い出すのだろうか…と想像するのでした。
2006年09月13日
二十世紀梨の収穫もそろそろ終わりが近づいてきました。
今年は史上三番目に糖度が高く、濃い味の梨が出来たようです。
が、全体的に実は小ぶりでなかなか大きいものが育たなかったとの声をよく耳にしました。
そのうえ年々生産者も減り、収穫量も減ってきているようです…。
このままでは二十世紀梨の、そしてここ鳥取県の未来は一体どうなってしまうのだろう…?と心配になってしまいう今日この頃。
当店でもなんとか梨を製品化しようと試行錯誤していますが、二十世紀梨の魅力は水分と食感…なかなか難しいようです。
全国の若者たち、ここ鳥取でおいしい二十世紀梨と人生をともにしてみませんか…?!
2006年09月11日
今月に入り、各地で次々と運動会が行われているようです。
私も先日子どもたちを連れて町内の運動会に参加してきました。
たかが町内の運動会といっても、二つのチームに分かれて各種目を戦い、最終得点の多いチームが優勝!となるとけっこう応援するのも身が入ってしまい、ついつい熱くなってしまいました。
うちの子は旗取りくらいしか参加しませんでしたが、喜んで走っていってお菓子をもらい嬉しそうにしていました。
昔と違ってご近所づきあいも減ってしまった今日この頃、久々に町内のイベントに参加してお年寄りから子どもたちまで一丸となり楽しいひとときを過ごしたのでした。
やっぱりスポーツっていいですよね。秋本番、スポーツで爽やかな汗を流し身も心もリフレッシュ!したいところです。
2006年09月07日
ここ最近雨が続き、一雨ごとに涼しくなってまいりました。いよいよ秋ですね。
つい先日まで主役を張っていたゼリーやようかん等の涼菓は姿を消し、ポテトやマロンなど秋の素材を使ったお菓子が次々並び始める中、今秋も人気のおはぎを期間限定で作り始めました。
当店自慢のつぶあんがたっぷりで、お彼岸が近くなるとリクエストが絶たない逸品です。
私も早速買って一度に2個ペロッと食べてしまいました……。
ところでおはぎとぼたもちの違い分かりますか?ご存知の方が多いと思いますが、春はぼたもち(牡丹)、秋はおはぎ(萩)というところからそれぞれ呼び方がついているそうで、実際は同じものを指しているようです。
春と秋、お彼岸には恋しくなる味…大切に次世代にも残していきたいですね。
2006年09月02日
当店の商品に『こばしま』というお菓子があります。
粒餡をたっぷり詰めた焼き饅頭で、上にクルミをのせ、こんがり香ばしく焼き上げた素朴で懐かしい味のお菓子です。
先日お客様から「『こばしま』の意味は何ですか?」とのお問い合わせがありました。
『こばしま』とは鳥取県中部の方言で「おやつ」の意です。
とはいっても最近は使う人も少なく、若い人は何のことか分からない人の方が多いと思います。
お百姓さんが畑仕事の休憩に「さぁさぁこばしまにしようでぇ~」と、おやつを食べながらおしゃべりをする……そんなかんじでしょうか?
実は私もこの言葉を知らなかったのですが、このお菓子に付けられた名前のおかげで忘れ去られかけていた言葉を知ることが出来ました。
のどかな田園風景…そんな懐かしい光景を思い浮かべながら、こばしまにしようではありませんか!
2006年08月31日
8月31日。子供たちにとっては夏休み最後の切ない一日ですね。
私も小学校一年生の夏休み最後の日、まだ宿題が出来てなくて泣きべそかきながら父に花火の絵を描いてもらった苦い経験があります…あれから数十年、夏休みとも縁がなくなり何年も経つというのに、未だに八月も終わりが近づくと、なんとなく切な~い気分になってしまいます。
さて、今日8月31日は野菜(8ヤ3サ1イ)の日だとご存知でしたでしょうか?各地で野菜の安売りなどのイベントをしているところもあるようです。
我が家では毎朝蒸しキャベツを主に、レタス、トマト、その他諸々の野菜を皿にてんこ盛りに盛って食しているのですが、なかでもキャベツだけは欠かさず採るようにしています。
袋状のラップがありますよね。あれにザク切りにしたキャベツを詰め込んでレンジで4分、ひっくり返してまた4分。これで簡単に蒸しキャベツの出来上がり。
袋ラップはとっても便利で、ピーラーで皮を剥いたナスをまるごと3~4本袋に入れてレンジで6分、ひっくり返してまた6分。これでおいしい焼ナスが簡単に出来るんです。
やけどしそうになりながらナスの皮を剥く必要もないんです。便利な世の中になったものです…。ぜひぜひお試しになってみてくださいね。
2006年08月29日
夏にしかとれない野菜といえばゴーヤですよね。
けっこう家庭で作ってる方も多く、夏になると次々と知人から自家製のゴーヤをいただくのですが、苦いから一度にたくさん食べられないし、あまり日持ちもしないから冷蔵庫の中で腐らせてしまうこともたびたびあり、困ってたんです。
が、先日近所の奥様からゴーヤの蜂蜜漬けというのを教わり、さっそくうちでも作ってみたところ、本当に美味しくてビックリ!
ゴーヤのスライスに、蜂蜜とスライスしたレモンを加えて1~2日漬けておくだけでできあがり。これをトーストしたパンに挟んで食べると苦みもやわらぎ、甘みと酸味とほろ苦さが混ざり合ってとっても美味しいんです。
ヘルシーで美容にもいいので、本当におすすめです。
でも残念なことにそろそろ時期が終わってしまいます……来年こそは、腐らせないで毎日ゴーヤ食べてきれいになれるかも…? 
2006年08月27日
そろそろ夏も終わりになり、ここ鳥取県中部では、いよいよ二十世紀梨の出荷が始まりました。
でも、秋になる前に、夏の主役だったのがマンゴーと桃。なかでもこの夏私がハマってしまったのが「桃のコンポート」。
フレッシュの桃をシロップ付けにしたものを半分ドーンと使い、周りはふるふるのゼリーがキラキラ…すーっとミントの爽やかな清涼感が漂い、食べた後体全体を涼しくしてくれるんです。もう3日に一度位のペースで買って食べてました……
この桃のコンポートは、残念ながら店頭のみの販売になりますが、9月上旬頃までは続けて販売してますので、ぜひ一度お試しになってみてください!私の夏イチです☆…‥
2006年08月26日
コミュニティプラザ百花堂に藤田春水先生の書作展を観に行きました。素晴らしい作品の数々を観させていただき、たっぷりと目の保養をさせていただきました。一つ一つの作品に魂が込められており、観ていてうっとりと、ただただため息が出るばかりでした。感動!!!
この個展は31日(木)まで開催されていますので、皆さん是非足を運んでみてはいかがですか?行ってみる価値アリだと思います。
2006年08月26日
3年間海田店で飼っていたコッピーが3日間の臨時休業の間に誰にもみとられることなく死んでいました。この暑さで昼間の水温が上がりすぎてしまったためでしょうか…世話係の私が気を利かせて持ち帰っていれば……ごめんねコッピー。
皆様もこの暑さで体調を崩されることのないよう、どうぞお気をつけくださいませ。
«前のページ 1 ... | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス